ウランバートル

モンゴルの首都 “赤い英雄”

モンゴルの首都であり、ウラン=赤い バートル=英雄という意味を持っています。
標高1351mにいちする特別市。
100万人程度が居住し、年々近代化がすすみ、高層ビル群も立ち並び始めています。
ゲル集落は繁華街の周縁に残っています。ネオンサインも増え、高級品を売る店も増えました。

市内の中心にあるスフバートル広場

市内の中心にあるスフバートル広場、チベット仏教の聖地ガンダン寺、市内を見渡せるザイサンの丘、 第八代活仏のボクドハン宮殿博物館、恐竜の化石で有名な自然史博物館などの見所や、年車も急増し、市内では渋滞も起こるようになってきました。
デパートや多くの市場などがあり、たくさんの人と物がいきかう都市です。

交通&道路

市内中心部 高層ビル群が増えています

モンゴルは右側通行。日本とは逆です。
近年車も急増し、市内では渋滞も起こるようになってきました。
車中心の社会。歩くときは気をつけて歩道を行きましょう。
車が優先ですので、横断歩道で人が渡るときでも渡りづらいときも。
慌てず必ず左右を確認して、さらに気をつけて渡りましょう。郊外で家畜が道路を横断しているときは家畜が優先です。
家畜をせかすことはしません。
遊牧民ならではのルールも旅の思い出に。